Grab(グラブ)のメリット・デメリット?タイで子連れ利用で超便利!

Grab(グラブ)のメリット・デメリット?タイで子連れ利用で超便利!

 

『Grab(グラブ) 』という東南アジアで利用できるタクシー配車アプリ。

 

日本で認知度のある配車アプリ「Uber(ウーバー)」なら知ってるというかたも多いと思います。

 

簡単にいうと、この『 Grab(グラブ) 』は、東南アジアで使える「Uber(ウーバー)」のような配車アプリです。

 

ミズキ
私も3歳の子供と一緒にタイ(バンコク)の旅行へ行った時に、初めてGrabタクシーを使ってみました。

今回は実際に『 Grab(グラブ) タクシー』を使ってみてのメリットやデメリット

詳しい使い方などもわかりやすくご紹介します。

 

Grab(グラブ) 』を使いこなせると、旅先でお子様と一緒に行けるスポットも増えて、より充実した旅になることでしょう。

Grab(グラブ)ってどんなサービス?

『 Grab(グラブ) 』とは、

シンガポールに拠点を置く、タクシーなどの配車アプリサービス会社

最近日本でもよく利用されている、「Uber(ウーバー)」や「DiDi(ディディ)」などの海外版といったところでしょうか。

 

元々はマレーシアを中心に、Grab(グラブ)のサービスが開始されていましたが、東南アジア各国に拡大していき、タイでも主要都市で利用できるようになったのです。

 

実は、Uber(ウーバー)とのつながりも・・・

2018年3月に「Uber(ウーバー)」が東南アジア事業を『 Grab(グラブ) 』に売却。

その後、Grab(グラブ) 独自のサービスとして東南アジアで広がっていきました。

東南アジアの8カ国・336都市でのサービスの利用が可能になっています。

(※2019年6月時点)

Grabを利用するには登録・アプリが必要!

Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

まずGrab(グラブ)を利用するには、iPhone 又は、Androidでアプリをダウンロードする必要があります。

アプリ自体は無料でダウンロードできます!

 

Grabの新規登録は、FacebookやGoogleのアカウントからログインすることも可能!

いずれかのアカウントがあればスムーズに登録ができます。もちろんなくて入れますよ☆

Grabが利用できる国

 

Grab(グラブ)タクシーが利用できる国

タイ(バンコク・チェンマイ・プーケットなど主要都市)

シンガポール

カンボジア(プノンペン・シャムリアップ)

インドネシア(ジャカルタなど主要都市)

ミャンマー(ヤンゴン・マンダレー)

フィリピン(マニラ・セブなど主要都市)

ベトナム(ホーチミン・ハノイなど主要都市)

マレーシア(クアラルンプールなど主要都市)

(※2019年6月時点)

基本的に、タクシーは上記のどの国でも利用できます。

他の車やバイクなどは、各国により利用できるサービスが異なります。

 

タイ・インドネシア・カンボジア・ベトナム・・・バイクタクシー[Grab Bike]もGrabで利用できます。

カンボジア・・・トゥクトゥク[Grab TukTuk]もGrabで利用できます。

Grabで配車できるタクシーの種類

Grab(グラブ) で配車できる車種は、4種類

Grabタクシー配車可能な車種

Grab Taxi

メータータクシーを意味し、メーターによって料金が決まるので、予約時のときは値段

が決まりません。

クラブカーよりは料金が高くなり、予約料金が2RM加算されます。

ミズキ
タクシーを利用したいときはコチラを選択

 

Grab Car

一般人ドライバーの自家用車。

クラブに登録している一般のドライバーが自家用車で送迎してくれるサービスで、

目的地までの料金は予約の時にきまります。

 

Grab Car 6―Seater

6人の利用の大きな車を選びたいときはこちらを選ぶと良いでしょう。

通常のクラブカーよりかは値段は高くなり、予約料金が2RM加算されます。

 

Just Grab

「グラブカー」または「グラブタクシー」を指定しない方法でタクシーを呼ぶ方法。

選択しないので、その時に予約が受付できる車に乗れるということになります。

※ジャストカーブの場合は、メータータクシーの時でも予約時点で乗車料金が決まります。

Grab利用をオススメするメリット!

 

Grab(グラブ)を使うと東南アジアでの旅行は、とても快適で行動範囲が広がること間違いなし!

ミズキ
私が使ってみて感じたGrab(グラブ)のメリットをいくつかご紹介!
Grabのメリット

メリット1

アプリの操作ひとつで車やバイクを配車できる!

Grabに登録→アプリでカンタンに車やバイクを予約でき配車することができます。

海外では特に、電話やホテルにお願いするのも言葉が通じずに一苦労しますよね。

また知らない道でタクシーを捕まえるのも大変です・・・。

 

メリット2

現地の言葉が話せなくても大丈夫!

海外に行くと現地の言葉や英語もわからないから不安ですよね?

とくに、東南アジアの「タイ語」「カンボジア語」などまるで暗号のよう(笑)

こんな時にもこのGrab(グラブ)を使えばすべて問題解決!

アプリに「行き先」も登録できるので、車内で会話なしでも目的地に連れて行ってくれる◎

支払いもクレジットカードをアプリに事前に登録しておくと、現金支払いなし!

 

ミズキ
海外なのに、ストレスフリー!快適にタクシーを利用することができます

 

メリット3

タクシー代金を相場以上にボッタクり防止にもなる!

日本でタクシーに乗ってボッタクリなんて考えられませんが、海外ではよくあることですね・・・。

 

こんなときも、Grab(グラブ)を利用すると自分が乗る予定のタクシーの過去の評価も確認できる!

ボッタクリ防止にもなり、安心して乗ることができます 

 

あなたもGrab(グラブ)を利用したら、是非評価★★★★★をつけてあげましょう!

 

メリット4

Grab(グラブ)アプリにGPS付き

一番利用して便利だと思ったのが、GPSでタクシーがどこにいるか確認できるところ!

もし予約したタクシーが遅れていたりすると、今どこにいるのかがすぐに確認できるんです。

迎えの時間の目安もわかり、子連れの旅行だと、その間にトイレやオムツを変える時間に充てられるかもしれませんね。

また遅れているドライバーとのチャット〔ショートメール〕もできるのでとても便利です 

 

メリット5

ドライバーの顔・タクシーナンバーが予約した時にわかる!

これも知らない道で配車したタクシーを見つけやすく助かるポイント

いくら評価が良いドライバーさんでも、顔までわかるとより安心できますね。

 

メリット6

チップ不要

なんとチップは不要なんです!

海外では、東南アジアでもチップはどこでもいるイメージですが・・・。

 

事前にクレジットカード登録していれば、目的地に到着したら「サンキュー」とタクシーを降りるだけっ!

 

ドライバーさんはチップよりもGrab(グラブ)に認められるために高評価が欲しいようです^^

高評価のためにも、ドライバーさんも安全運転で走行してくれます 

ミズキ
私は子連れでタイに行ってからGrab(グラブ)の存在を知り、何回も利用してみました!

行く前に日本で往復4千円弱の空港⇔ホテルの送迎オプションの申込をしてましたが・・・。

このGrab(グラブ)を使えば、割高な送迎オプションをつけなくてもホテルにたどり着けますよ!

Grabにはデメリットもある!?

Grabを使う上で、デメリットもあります。

Grabのデメリット

 デメリット1

アプリには日本語版がない・・・。

残念な事に、Grab(グラブ)には日本語版がありません。

 

しかし、安心してください 

そんなに難しくない英語表記なので、カンタンな単語などが理解できれば十分に使えますよ!

 

 デメリット2

多忙な時間帯やハイシーズンなど、すぐに配車の手配ができないときも・・・。

例えば、朝や夕方時の通勤・通学の時間帯やランチタイム(タイを含め東南アジアは渋滞がすごい!)

また雨が降っている時などはタクシーが拾いにくくなります。

なるべくこの時間帯は避けるか、事前に予約しておくことをオススメします。

 

 デメリット3

ドライバーさんから、稀ですが直接電話(現地語)があることも・・・

稀になんですが、ドライバーさんからチャット(ショートメール)からではなく直接電話で連絡が入る時があります。

 

しかもほぼ現地語!電話に出てしまうと焦りますよね(・_・;)

そういうときは、電話は出ずにチャット(ショートメール)でカンタンな「OK」「YES」などの英語で返信してみましょう!

 

 デメリット4

行き先をGrab(グラブ)に登録していても、稀に迷うドライバーさんがいる!?

日本のタクシードライバーさんは、道に詳しい方が多いですが、東南アジアの運転手さんは、ほぼ道を知らない方が多いようです。

 

実際にタイでGrabを利用した知人に聞いた話ですが、ホテルから空港まで行くのに「高速代がかかるからと下道で遠回りされたり」「ナビをみているけれど迷っている・・・」。などなど

 

Grab利用でも、100%ドライバーさんを信用するのは怖い!?

 

乗車した際には必ず確認!

 どこに行くかの初めにドライバーさんに確認

〔目的地の登録したGrabアプリ画面やパンフレットなど〕

 走行中も自身もナビで見ながら行き先の確認は必ずしましょう!

お互いに安心して気持ちよく目的地まで届けてもらいましょうね

 

ちなみに・・・

パンこ
海外でのwifiどうしてる??

最近は、wifiレンタルではなく、各国専用のプリペイドSIMを差し替えて利用する人が急増中!

プリペイドSIMをオススメする理由

❶ タイ専用のプリペイドSIMカードをあなたのスマホに差し替えるだけでOK!

❷ インターネットも電話も使えてWifiレンタル不要でめちゃくちゃ便利♪

❸ 行く前に日本での購入が割安!400円~500円と現地購入する半額以下!!!

 

Grab(グラブ)タクシーのメリット&デメリットをまとめてご紹介しました。

是非、Grabを利用する際の参考になれば幸いです。

まとめ

子連れのタイ旅行でGrab(グラブ)タクシーに乗ってみた感想をご紹介しました!

東南アジアに旅行しタクシーを利用する機会があれば、是非Grabを利用して見ることをオススメします♪

 

東南アジアは、まだ交通整備が整っていない所も多く、公共機関の電車やバスで行けない観光スポットも多々あります。

せっかくの旅行中の時間節約にもなりますね

ミズキ
子連れ海外旅行なら、より安全面や金銭トラブルなど避ける意味でもGrabを利用してやっぱり良かった◎

楽しい海外旅行!是非Grabも取り入れてより快適な旅になりますように!

 

※ご紹介している内容は記事公開時点での情報です。変更・更新されている場合もあります。

 

〔参考サイト〕

Grab(グラブ) 公式サイト【英語版】

こちらの記事もオススメです


スポンサーリンク



他にもこんな記事が読まれてます