「高知やなせたかし記念館アンパンマンミュージアムはパン工場がない!?」

「高知やなせたかし記念館アンパンマンミュージアムはパン工場がない!?」

高知のアンパンマンミュージアムは、「香美市(かみし)立やなせたかし記念館」にあります。

高知県香美市は、アンパンマンの作者「やなせたかし」さんの出身地です。

アンパンマンミュージアムでは子供たちが目を輝かせて喜ぶ「アンパンマンの家」や大人も楽しめる「やなせたかしギャラリー」もあります。

 

ミュージアムのために描いたアンパンマンたちの絵画作品や絵本原画などが展示されているのです。

 

そのほかパン工場やバイキン城などのアンパンマンの世界をジオラマで再現したアンパンマンワールドやポストカードなどのオリジナルグッズを扱うミュージアムショップもあります。

 

子供達がみんな大好きなアンパンマンの聖地、高知のアンパンマンミュージアム行ってみた感想

・他のアンパンマンミュージアムとの違う点

・高知アンパンマンミュージアムを楽しむポイント

・ランチ情報

など、初めて行く前に知っておいたらお得な情報をご紹介!

高知「やなせたかし記念館・アンパンマンミュージアム」の基本情報

やなせたかし記念館 概要

*「アンパンマンミュージアム」代表作であるアンパンマンをテーマ

*「詩とメルヘン絵本館」アンパンマン以外のやなせたかしのイラスト、詩、絵本、漫画などを紹介

*「別館」(イベントなど行っている時のみOPEN)

*「やなせたかし記念公園」

があります。

やなせたかしさんのアンパンマン以外の作品を展示する詩と「メルヘン絵本館」は、「アンパンマンミュージアム」のチケットとの共通券になってますので入館できます。

※少しわかりにくいですが、「アンパンマンミュージアム」のみのチケットの販売はありません。
「メルヘン絵本館」のみのチケット販売はあります。



アクセス方法

高知駅から電車⇒バスで行く場合

電車の最寄り駅はJR土讃線「土佐山田駅」になります。

特急で所要時間約11分(普通で約27分) 料金660円(普通 350円)

 

JR土佐山田駅で下車し、「アンパンマンバス」乗り換えます。

JRバス大栃線で約25分かけて、[アンパンマンミュージアム前]で下車すれば、すぐ目の前につきます。

 

高知駅から車で行く場合

所要時間は、約45分になります。高速道路などは通らず一般道です。

 

高知龍馬空港から行く場合

タクシーで約40分ほどかかり、料金は5,000円かからないくらいになるようです。

公共機関を使う場合は、リムジンバス(約25分)で高知駅まで行き先ほど紹介した電車⇒アンパンマンバスとなります。



授乳室・おむつ替え 情報

「アンパンマンミュージアム」1階入り口を入ってから、左側に進み「ロールパンナと海の白馬マリンの撮影スポット」の奥に授乳室やおむつ替えのスペースもあるので、小さいお子さん連れでも安心です。

 

名称香美市立やなせたかし記念館
住所〒781-4212 高知県香美市香北町美良布1224-2
営業時間9:30〜17:00(入館は16:30まで)
7月20日から8月31日までは9:00開館
休館日火曜日

(火曜日が祝日の場合は、その翌日)

春休み 3月25日~4月6日

GW  4月29日~5月5日

夏休み 7月20日~8月31日

冬休み 12月24日~1月7日

駐車場無料(乗用車50台収容/第1駐車場)

 



高知のアンパンマンミュージアムには「じゃむおじさんのパン工場」がない!?

アンパンマンミュージアムなだけに、アンパンマン関連のパンが買えそうなものですが、こちらのミュージアムには、アンパンマンやカレーパンマンの顔のパンが売っているお店「じゃむおじさんのパン工場」はありません!!

他のミュージアムには、ジャムおじさんのパン屋さんでアンパンマンのキャラクターたちのパンが購入で食べれるのですが、こちらにはないのが残念です。

それでは、高知「アンパンマンミュージアム」ミュージアムの良い点・注意点のポイントをまとめましたので参考にしてくださいね。

①高知「アンパンマンミュージアム」の良かった点

  他県にあるアンパンマンミュージアムに比べて、料金が安い
他のミュージアムが1歳から1,500円なのに対して、高知は大人700円・子ども(3歳から)300円

 

  やなせさんがここのために描き下ろしたアンパンマンのキャラクターの特大サイズのタブロー画(壁画ではなく板絵やキャンバス画)の絵がたくさんあり大人も見ごたえ十分

 

  ミュージアムショップ(アンパンマングッズや高知のお土産が売っているお店)で高知「アンパンマンミュージアム」限定のグッズが買える

 

  野外の大迫力の「だだんだん」に圧倒!!他にもアンパンマンキャラクターの石像が沢山いる(野外は無料スペース)

 

② 高知「アンパンマンミュージアム」の気をつけておいたほうが良い点

  館内飲食禁止(そのためレストラン等もありません)

 

  館内は通路が狭いためベビーカーは持ち込み禁止

(入り口で預かってくれます)

  あんぱんまんショーはなくBGMもなし

 

  ミュージアムショップのサイズが小さめ

 

  写真撮影は館内すべてOK(SNSアップはNG)

 

  ペット禁止

 

子供が食いついたポイント!高知アンパンマンミュージアムを楽しむ方法♪

アンパンマンミュージアム内の地下1階フロア

アンパンマンミュージアムのエリアは大きく3つ、地下1階・1階・4階(2・3階は吹き抜け)と分かれていますが、子供がメインで遊んで楽しめる主なエリアは、地下1階になります。

地下一階は都市型のアンパンマンミュージアムにもあるような、等身大に再現されたアンパンマンの世界を体験することができます。

アンパンマンの町のジオラマ(アンパンマンワールド)やパン工場の中やバイキン城を再現した空間があり、じゃむおじさんのパンをこねこねしたりすることもできます♪

アンパンマンのスタンプラリーシートでスタンプを探す冒険へ

アンパンマンミュージアム内の地下1階や4階などいくつかの場所に無料でスタンプラリーの台紙が設置されてます。

こちらのスタンプラリーシートに、館内の少しわかりにくいところにあるスタンプを全部で10個集めていきます。

 

子供たちと一緒にワクワクしながら、館内をしらみつぶしにいくつかの階段や通路などを探し大人も一緒に楽しめます♪

このスタンプ、インク式ではなく、台紙に押し付ける凹凸(おうとつ)のあるエンポススタンプ。

 

押すのにとても力が必要です!!

おそらく3歳くらいまでのお子様は自分では難しいと思います・・・。

10個集めるのが、なかなか大変で、館内地下1階から4階まですべて見なければ集まりません。

エレベーターではなく階段を使わないと見落としてしまう箇所もあったりと、大人も体力をつかうかもしれません(笑)

 

最後に気づいたのですが、1階のとある場所に、スタンプがある場所のヒントが書いてある場所があります。

私はこのヒントに気づかずに子供と何度も同じ場所に行ったりして苦労しましたが・・・。

お子様の年齢や状態に合わせってこのヒントを賢く使ってみましょう!

 

スタンプラリーの用紙はハガキとしても使用できる使用になってます。

我が家は記念に持ち帰りました♥

一番子供が食いついたのは実は・・・●●●

子供たちが、一番喜んでずーと長い間寒い中遊んでたのが実は・・・

 

 

無料で遊べる「アンパンマン遊具が盛り沢山な公園」

 

アンパンマンやSLまん・じゃむおじさんのパン工場・ばいきんまんなど数々の遊具が勢ぞろい!

 

やなせたかし記念館は、無料開放のアンパンマンミュージアムの周りには、芝生エリアや遊具エリアなどがあり大きな「アンパンマン像」が出迎えてくれる公園です。

 

小さなお子様にも安全に遊べるための注意書きもあって助かりますね♪

 

広々とした敷地にはアンパンマンの街のように遊具が並び、訪れた子供たちは目がキラキラ輝き大はしゃぎすることは間違いないでしょう。

広い敷地内の駐車場は無料ですので、春秋などはお弁当を持ってピクニックをすれば、一日中楽しむことができますね♪

 

他にも、館内では土曜日、日曜日、祝日や長期休暇期間(夏休み・冬休み・春休み等)の10時30分頃と14時30分頃からの1日2回、アンパンマンが登場し一緒写真を撮ることもできます。
(ただし当日の館内の混雑状況によって安全が確保出来ない場合は、登場が見合わされたり、時間をずらされたりする場合があるようで、当日スタッフの方に直接確認してみるのがベスト!)

お子様メニューも充実!ランチはすぐ隣の道の駅「美良布」がオススメ!

アンパンマンミュージアム高知のすぐ近くには、「道の駅美良布(みらぶ)」があります。

この道の駅内にある、食堂「キッチン韮生の里」は特産物を使ったメニューやお子様メニューも豊富!!

メニューとしては、カレーライス、うどん、丼もの、チャーハン、パスタ、定食、ソフトクリームなどを扱ってましたよ。

子どもでも食べられるメニューが多いことは嬉しいですね

価格帯は400円~700円とお手軽価格。

テーブル席が6卓 お座敷が3卓と席数はあまり多くなく混雑時は相席になることもあります。

少人数なら、アンパンマンミュージアムや公園を望めるカウンター席もオススメ!

 

私が行った時は、月曜日だったので混雑することもなく落ち着いて食べれました。

レストラン横の建物では、直産のお総菜やお弁当も販売されていて、価格はコンビニと同じくらいです。

種類や量はそんなに多くはなかったです。もしかしたらお昼過ぎには余りないかもしれません。

地元の野菜やみかんなども販売されてました。

ミュージアムの敷地内(公園すぐ近く)に屋根付の飲食スペースがあるので、天気が良ければそこでここで買ったお弁当なども食べることもできます。

 

名称「道の駅」美良布
住所高知県香美市香北町美良布1211
営業時間9:00~18:00(食堂 7:00~18:00)
休館日毎週火曜日
(火曜日が祝祭日の場合は翌日休館)
(春休み、GW、夏休み、冬休みは無休)
(春、夏、秋に点検のため3~4日間不定休)
駐車場無料

大型 10台、普通車 80台

 

やなせさんの聖地ならではの「詩とメルヘン絵本館」と「やなせうさぎの石像」にも挨拶♪

メインのアンパンマンンミュージアムの他に、別館でミュージアムの後ろに、「詩とメルヘン絵本館」、「やなせたかし記念館」があります。

やなせうさぎ

「詩とメルヘン絵本館」の裏側の通路を進むとすぐに「やなせたかし記念公園」があります。

 

沢山のアンパンマンキャラクターの石像に囲まれた、やなせ先生のキャラクター「やなせうさぎ」

やなせたかしさんは自分を弱者だと分析し、兎のキャラクターに仮託していたようです。やなせうさぎの足元には「やなせうさぎの歌」の歌詞が書かれています♬

詩とメルヘン絵本館

やなせたかしのライフワークのひとつである雑誌『詩とメルヘン』の作品を鑑賞できる、詩とメルヘン絵本館では、詩額・絵本原画などの展示のほか、「詩とメルヘン」ゆかりの作家や国内外の絵本作家などの企画展を行っています。

ただし、こちらもベビーカーでの入館は不可で、館内での飲食、撮影は禁止です。

おむつ替えスペースは1か所ありますが、授乳室はないので、授乳が必要であればアンパンマンミュージアムで済ませておきましょう。

参考元:やなせたかし記念館【公式サイト】より

まとめ

アンパンマンミュージアムについてご紹介しました。

他県にあるアンパンマンミュージアムが子供向けの施設に対して、高知のアンパンマンミュージアムは美術館の要素も含んでいます。

『世界中で一番“小さなこどもたち”が鑑賞に訪れる美術館』とも言われている、高知のアンパンマンミュージアム。

子供はもちろん、大人も十分に楽しめました♪

神戸や横浜などのあるアンパンマンミュージアムに行かれたことのある方は、他とは違う「やなせたかしさんの聖地」にある「アンパンマンの世界」としてとらえて行ってみるときっと楽しめることでしょう♪

高知におでかけの際には、ぜひ家族でやなせたかしさんの世界に入りこんでみるのも面白いですね!!

 

こちらの記事もオススメです


スポンサーリンク



他にもこんな記事が読まれてます

子供とおでかけカテゴリの最新記事