すぐ実践できる!3つのツヤ髪への道~産後の髪の悩み事~

すぐ実践できる!3つのツヤ髪への道~産後の髪の悩み事~

「出産後、髪質が変わった」という話を耳にしたことはありませんか?

私は、産後までその事実を知りませんでした。。。

産後しばらくすると、

髪質もパサパサになって変わったような

一番の異変に気づいたのは、

ブラシで髪をとかしたり、髪を洗っているときに

『抜け毛が多くなった』事実でした。。。

ヤバイヤバイヤバイ 

そこで色々と産後ママさんや美容師さんから話を
聞き初めて産後のこの現実を知るのでした。。。

はじめに

 

そもそもなぜなぜ産後に髪が傷むの?


それは

ホルモンバランスの変化です。

女性らしいからだ作りを助けるエストロゲンという女性ホルモンは、

髪の成長期も保ち、抜けにくく健康な髪にしてくれる効果もあります。

実はこの女性ホルモン(エストロゲン)は、

出産後は一転して減少してしまうのです。

だから、産後多くのママさんが悩んでいるのです。


そんな私が実際に試して効果があった髪質を改善する
今すぐ実践できる3つの方法をご紹介します。

あなたも産後の髪質がパサパサになっていたり
抜け毛が多くなっていたり悩んでいたら、
すぐに試してみてくださいね。

1.髪に良い食品を食べる

髪の毛は体の一部なので食べるものによって
良くも悪くも日々変わっていきます。

昔から髪をツヤツヤにする為には、
沢山ワカメや昆布を食べなさいと我が家の
おばあちゃんはよく言ってました。

特にママさんは、
産後の授乳で母乳に栄養も優先され、
夜の授乳や子育てによる不規則な生活にもなります。

いつも以上に食事で栄養を補うことが大切です。

髪は主にタンパク質でできています。

「ではタンパク質をたっぷり摂ればいい?」

というわけではありません。

髪の毛を美しく再生させるためには、

3つの栄養素と+αの栄養素を、バランスよく
取り入れることがとても大切です。

ツヤ髪に必要な3つの栄養素とは?

  1. タンパク質


    先ほどもお話しましたが、
    髪の毛は20種類のアミノ酸からなるタンパク質で構成されています。

    タンパク質が不足している状態では髪の毛にツヤは生まれません。

    摂取できるオススメな食べ物は、

    ・肉類(鶏ささみ、ローストビーフ、生ハム、鶏砂肝など)

    ・魚介類(イワシ丸干し、いくら、焼きたらこ、魚肉ソーセージなど)

    ・卵

    ・大豆製品(納豆、豆腐など)

    ・乳製品(チーズ、牛乳、ヨーグルトなど)などです。

  2. ビタミン


    食事から摂取した、タンパク質をできるだけムダなく吸収し
    髪の栄養にしていく為には、ビタミンが欠かせません。

    ビタミンは
    色々な栄養素をしっかり働かせるための潤滑剤のような存在。

    適量ビタミンを取り入れることでタンパク質がより有効に働きます。

    健康なツヤ髪を育てるためには、健康な頭皮が必要不可欠!

    ビタミンは頭皮の乾燥を防いだり、皮脂の過剰分泌を防いだと
    血行を促してくれたりと良いことが沢山あるのです。

    特にツヤ髪に必要なのは、ビタミンA・B6・Eの3つです。

    ・ビタミンAは『鶏・豚・牛』など+『緑黄色野菜・果物』など

    ・ビタミンB6はマグロ・かつお・イワシ・さんまなどの青魚など

    ・ビタミンEはナッツ類・植物油・魚介類・アボカド・かぼちゃなど

    から摂ることができます。

  3. ミネラル(亜鉛)


    ミネラルは髪のツヤを良くしてくれる働きがあり、
    ツヤ髪へと導いてくれる大切な栄養素なのです。

    おばあちゃんがよく言ってたワカメや昆布も
    このミネラルにあたります。

    ミネラルの中でも髪と関係が深いといわれるのが

    「亜鉛」

    牡蠣(かき)、カボチャの種、蒸したカニ、

    鶏肉、豚肉、赤身の肉、レバー、卵、チーズ

    などは良好な亜鉛の供給源となるそうです。

    亜鉛は、タンパク質を髪へ運ぶ際に必要な栄養素で、
    髪の毛に栄養を運ぶ重要な役割があります。

    ミネラル(亜鉛)は体内で生成することができないため、
    食べ物などによって外から摂取する必要があります。

    これらの成分をバランス良く摂取することで
    丈夫なツヤ髪を目指せます。


 +αの 大事な栄養素

それはイソフラボンオメガ3脂肪酸ポリフェノール

上記3つ栄養素にプラスα+この栄養素たちもとても大切。

イソフラボン…「女性ホルモンに似た働きをする」といわれてます。
肌のターンオーバーを活性化する働きもあり、
髪の成長にも欠かせません。d

大豆、味噌、豆腐、醤油など

オメガ3脂肪酸魚油に含まれるDHAやEPA、エゴマ亜麻種子などの植物油に含まれている
α-リノレン酸などの脂肪酸など。
今、ツヤ髪効果抜群の成分として注目されています!

頭皮に適度な油分を与え乾燥を防ぎ、髪の毛幹を作るにも必要な成分。

血液をサラサラにして血流を良くする働きがあり、
血行が良くなると毛根への栄養補給しやすくなります。

新陳代謝も活性化され、新しい髪の毛の促進にもつながります。

ポリフェノール…抗酸化作用が強いので、老化の原因となる活性酸素を
除去してくれる効果があります。

育毛剤などにも使われている成分です。

ポリフェノールとは植物の色素や苦み・渋み・アクの成分です。

代表的な食べ物は
赤ワイン、リンゴ、あずき などです。

2.髪の洗い方を見直す

毎日お風呂はお子さんと一緒に入ってバタバタ。

自分の髪は適当にさっさっと洗ってませんか?

時間がないときもあるかもだけど、

正しい髪の洗い方知ってるのと知らないのとでは
ぐっと差が出てきます。

そして、旦那さんにお子さんのお風呂をお願いして
一人で入れるときは、ぜひともこの方法をお試しあれ。

↓ ↓ ↓

髪の洗い方を見直してみる

3.規則正しい生活

 

そんなこと言っても

「産後の子育て中にそんな余裕はないよ」

と言いたくなりますよね。。。

私もそうですが、できるときにまず実践ですね。

でも意識する事で生活は少しずつ変わってくるように思います。

この2つは是非とも心がけていただきたいです。

  1. 睡眠をしっかりと


お肌のゴールデンタイムは

「眠りに着いてから3〜4時間」と言われてます。

この時間にしっかり熟睡することが大事だそうです。

この定説は、ツヤ髪にも同じことです。

産後は、赤ちゃんのお世話でまとまった睡眠時間を取るのが難しくなりますね。

休める時には、横になって休むなど、
体を少しでも休ませる時間を是非作ってみてください。

極力、授乳中のママは赤ちゃんと同じリズムで寝るようなリズムがオススメです。

私も子どもが寝た後、
以前は家事やテレビを見たりと夜起きてたのですが、
最近は22時頃には寝て朝6時に起きるという
8時間睡眠を心がけております。

そうすると、朝から頭も冴えて身体も元気に活動できるようになってきました。

  1. ストレスは大敵!


子育て中のママは何かとストレスが溜まりますよね。

子供へ注ぐ時間が多くなり、仕事の合間に

食事・洗濯・掃除と家事もこなしていると体力も消耗し、

毎日夜には、ぐったりするママも多いはず。

しかし、ツヤ髪のためにもストレスは大敵なんです。

強いストレスを受けると、自律神経が乱れます。

自律神経が乱れることで、血管が収縮し、血流も悪くなってしまいます。

すると、頭皮に十分な血液が送られず、栄養不足になります。

上手にストレスを発散する事がツヤ髪にもつながっていきます。

またストレスは、先ほど紹介した「亜鉛」を大量に消費してしまいます。

●とりあえず、外出してみたり(解放感・お子さんも泣き止んだりと)

●「お笑い番組」は「映画」「ドラマ」自分の好きなものを見ながら家事したり

●美味しいスイーツを食べて幸せを感じてみたり

1日の中で少しの時間だけでも自分の時間を作り、ストレスをためない生活を心掛けましょう。


まとめ

いかがでしたか?

今日からでもすぐに実践できるツヤ髪への道への3つの方法

食事作りの時に髪によい食品を取り入れてみたり

お風呂の際、髪の洗い方を変えてみたり

いつもより少しずつ睡眠時間を増やしてみたりと

ツヤ髪の道はとても生活に密接に関係しています。

無理せずに少しずつ取り入れてみて

ステキなツヤ髪を手に入れていきましょう。


スポンサーリンク



他にもこんな記事が読まれてます

髪のお手入れカテゴリの最新記事