産後骨盤矯正ベルトは必要?自宅でできる!効果的な方法おすすめ3つ

産後骨盤矯正ベルトは必要?自宅でできる!効果的な方法おすすめ3つ

出産は骨盤が大きく開くため、産後は骨盤が歪みやすく、また柔らかい状態にあります。

産後は骨盤矯正をしたほうが良い、とはよく聞く話ですが、

この柔らかい状態の骨盤を矯正することで

どういったメリットがあるのでしょうか?

また、骨盤を矯正しないことによるデメリットはなんなのでしょう?

今回は、

・産後に骨盤矯正は必要なのか?

・必要なのであればいつからいつまでなのか?

・自宅でできる骨盤矯正や骨盤矯正のダイエット効果について

をまとめてみました。

産後の骨盤矯正が気になっているママさんは是非チェックしてみてくださいね。

産後に骨盤を矯正は必要?

結論から言うと、
産後に骨盤矯正するのは長い目で見ると必要になります。

というのも、骨盤を産後、正しい位置に戻さずに放っておくことで以下のデメリットが出てきてしまうからです。

  • むくみ
  • 冷え性
  • 自律神経の乱れ
  • 便秘
  • 生理不順や生理痛悪化など

骨盤が歪んでいることによって卵巣の機能が低下して、不妊にもつながるとも言われていますから、産後の骨盤矯正は行ったほうが良いでしょう。

骨盤が歪んだままでいると、骨盤が歪むことで、骨盤に守られているはずの内臓の位置も歪み、本来なら圧迫しない箇所を内臓や骨が圧迫することになります。

こうなってしまうと、血行不良につながるため、むくみや冷え性・自律神経の乱れへとつながり、自律神経は便を排出する腸の動き・ぜんどう運動をつかさどっている神経であるため、便秘にもなってしまうのです。

良いことなしですね。。。

逆に、骨盤矯正のメリットはどういったものがあるでしょうか?

骨盤矯正を行う事のメリットは以下になります。

  1. 血行改善でむくみや冷え性が改善される
  2. 自律神経が正常になる
  3. 便秘が解消される
  4. 生理不順、生理痛が緩和され正常化される
  5. 骨盤が正しい位置に戻ることにより姿勢も良くなる

良いことばかりです。骨盤の大切さが身に沁みます!

骨盤が矯正されることにより、骨盤が歪んでいたことであった症状が、緩和されるまたは改善されることが期待できます。

骨盤の歪みを放置しておくことで、骨盤から繋がる骨なども歪んでいきますから、骨盤を矯正してあげることで、姿勢もよくなるのです。

育児は赤ちゃんを抱っこしている時間もとても長いものですから、ママに腰痛の症状が出やすい時期、それが乳児期でもあります。

骨盤が歪んだままであると、腰痛も出てきてしまう可能性が高くなるため、産後のママは無理のない範囲で骨盤矯正をしておきたいですね!

自宅でできる!産後の骨盤矯正に効果的な方法おすすめ3つ

骨盤矯正は、整体師さんに整えて貰う事も可能ですが、産後間もなくであると整体などに行く時間が取れないことの方が多いですよね?

そんな時は、
自宅で簡単にできる骨盤矯正を行いましょう!!

自宅でできる簡単な骨盤矯正のオススメは下記の3つ。

それぞれどういうものなのか、見ていきましょう。

1. 産後用骨盤ベルト

2. 骨盤回し体操

3. スクワット 

産後用骨盤ベルト

産後用骨盤ベルトとは、名前通り「産後用に装着する骨盤ベルト」です。

「トコちゃんベルト」が、産後のママには効果的であることが有名ですね。

 

トコちゃんベルトとは!?


産前 産後 トコちゃんベルト2 トコちゃんベルトII 紺 Mサイズ マタニティ&ベビーケアハンドブック付き

 

骨盤の位置に巻くことで、骨盤を正しい位置にキープしてくれるという簡単に骨盤を矯正することのできる「とこちゃんベルト」

産後、ママの1カ月検診後で体調などに問題がなければ、装着していくと良いでしょう。

個人的には、骨盤ベルト2がオススメ。
1は後ろから前に、2は前から後ろに支えます。
恥骨結合にゆるみ(凹み)があるかないかで選ぶそうです。

私も産前産後に使ってました!
強さは自分で調整できるので、お腹骨盤周りに安定感がありつけてるととても楽でしたよ。

ただし、骨盤ベルトはあくまでも補助であるため、骨盤ベルトだけではなく、骨盤周りの筋肉も鍛えてあげると良いいいですね。

 

骨盤回し体操

骨盤回し体操とは、仁王立ちした状態で腰だけを右回り、左回りに大きく円を描くといった体操になります。

骨盤をぐるぐると回すイメージです。

大体3分ほど、右回りと左回りに腰を回すことを繰り返します。

骨盤が歪んだ状態であると、スムーズに円を描けない可能性がありますが、段々骨盤が元の位置に戻ることでスムーズに動かせるようになるため、頑張ってみましょう。

骨盤回し体操はとても簡単な動作ではありますが、くびれ作りにも効果的なので是非試してみてください。

 

スクワット

 

骨盤矯正とスクワットは、イコールで結びつきづらいかもしれませんが、スクワットもまた骨盤矯正に効果的であるためおすすめです。

スクワットをすることにより、骨盤周りの筋肉が鍛えられます。

骨盤周りの筋肉は骨盤を支えてくれる筋肉になるため、天然の骨盤ベルトのような役割をしてくれるのです。

骨盤ベルトと並行して行うと、効果が高くなります。

スクワットをすることにより太ももの筋肉も鍛えられるため、産後のダイエットにも効果的です!

産後の骨盤矯正はダイエットにもつながる !?

産後の骨盤矯正はダイエットにも繋がります♪

骨盤が歪んだままの状態は、むくみやすく便秘にもなりやすい体になってしまっているため、太りやすい体と言えるのですが、

骨盤矯正をすることにより、

太りやすい体から脱することができるため、

ダイエットに繋がりやすいと言えるのです!

下半身太りなども、骨盤が歪みむくむことによっておこる場合が多いため、産後下半身太りが気になる人は特に、骨盤矯正をしておきたいですね。

骨盤矯正は、産後のママの1カ月検診で、体調に問題がない場合に行うようにしましょう。

産後6カ月以内から始めると、骨盤が元に戻りやすいと言われているため、
できるだけ6カ月以内に始めておくようにしたいですね。

まずは骨盤ベルトから始め

骨盤回しを取り入れ

スクワットに移行していくと

無理のない骨盤矯正ができることでしょう。


まとめ

産後のママの骨盤はグラグラしてしまっているものです。

そのため、少しの刺激で歪みやすいのも事実ですが、少しの矯正で戻りやすくもあるため、
できるだけ産後6カ月以内に骨盤矯正を始めていくようにしましょう。

どんどん大きくなってやんちゃになっていく子供に付き合っていくためには、健康な体が必要不可欠です。

 

骨盤矯正をして過ごしやすい体を手に入れましょう!

参考になれば幸いに思います♥


スポンサーリンク



他にもこんな記事が読まれてます

ダイエット・健康カテゴリの最新記事