冬の池袋サンシャイン水族館子供と楽しむポイント!チンアナゴも登場

冬の池袋サンシャイン水族館子供と楽しむポイント!チンアナゴも登場

都心にいながら水に棲む生き物を楽しめる「池袋サンシャイン水族館」

ファミリーでも友人とでも一人でも楽しめるとその人気は衰えることはありません。

そんなサンシャイン水族館について今回はご紹介いたします。

 2017年リニューアルOPENした”天空のオアシス”池袋「サンシャイン水族館」基本情報

池袋サンシャイン水族館は、2017年にリニューアルオープンしました。

”天空のオアシス”と呼ばれるのは、高層ビルの屋上でアシカやペンギンなどの海の生き物を見ることができ、その可愛らしい表情に癒されることによります。

大きな水槽で泳ぐペンギンを下から観賞することもでき、”空を飛んでいるようにみえる”と更に人気を集めています。

 

また館内にはカフェとショップもあるためゆっくりした時間を楽しめます♬

 

授乳室・おむつ替えスペースは本館2Fお土産ショップ近くにあります。

ベビーカーにつきましては屋外エリアでは使用可能です。

本館でも使用できますが、混雑時は預けるのがオススメ!

屋内入る際にベビーカー置き場がありますので、抱っこひもなどで対応しましょう。

名称サンシャイン水族館
住所東京都豊島区東池袋3-1-1
電話番号03-3989-3460
営業時間10:00〜18:00
定休日年中無休
アクセス●電車の場合

東池袋駅(東京メトロ有楽町線) 徒歩約3分

池袋駅(JR・東京メトロ・西武線・東武線) 徒歩約8分

東池袋四丁目停留場(都電荒川線) 徒歩約4分

●車の場合

サンシャインシティの駐車場を利用

首都高速道路5号線「東池袋出入口」に直結

入園料大人(高校生以上) 2,200円

こども(小・中学生) 1,200円

幼児(4才以上)    700円


冬のサンシャイン水族館を乳幼児と楽しむポイント3つ

① 見どころ満載の場所は屋外エリア多数!防寒対策を万全に!!

サンシャイン水族館の見どころの一つ、屋外エリアの『マリンガーデン』がおすすめです。

しかしここは、建物の屋上に位置し完全に外。

大人も子供も、冬は冷たい風や雨や雪などを想定して温かい服装で万全の準備をして望むと少しでも長い時間楽しめるのではないでしょうか?


『アクアリング』というドーナツの形をした水槽の中をアシカが悠々と泳いでいます。
下から観賞できることは、とても珍しいので、今までとは違う新しい発見があるかもしれません。

 


また、草原の中を歩くケープペンギンの姿をより近くでみることができます。
スタッフの方の解説と共に、ケープペンギンたちのお食事風景も見れるイベントなどもあり、心もほっこり♬

 

冬に訪れる際は、大人はもちろん特に小さなお子様たちも手袋やマフラー、暖かいコートでしっかり防寒対策をしておでかけしましょう!

雨の日は、雨具も必要ですので、天気予報も事前に確認しておけばより楽しめますね!

② 日が暮れてからの冬バージョン「イルミネーションがきらめくアクアリング」に感動


日が暮れてくると、先ほどもご紹介した『アクアリング』がある屋外のマリンガーデンはライトアップされて水族館とは思えない幻想的な雰囲気に♬

昼間とはまた異なる雰囲気で、ロマンティックな印象を受けるでしょう♬

サンシャイン水族館内にある『カナロア カフェ』では、2018年冬には、”イルミをこたつで楽しむ水族館”なども開催されていたりと寒い時期ならではのイベントも開催されてます。

お仕事帰りの大人たちのオアシスともなりますので、子供も大人も楽しめますね♬

③冬ならでは!サンシャイン水族館のクリスマスやお正月などのイベント満載♪

 

クリスマスシーズンには、サンタさんやトナカイさんが水中に現れたり、クリスマスバージョンのイルミネーションもみどころのひとつです。

 

お正月には、サンシャイン水族館オリジナル福袋が発売されます。


オリジナルグッズなど約10,000円相当の商品が入っている福袋を、170個限定で販売します。

170個中60個には「カワウソゥ選挙2位やまと握手券」「館長と水族館体験」など、水族館ならではの体験ができるくじが入っています。

サンシャイン水族館では、期間限定で展示中のコツメカワウソにクリスマスプレゼントのペレットをプレゼントできるイベントも開催しています。

昨今ペットとしても人気高いコツメカワウソと触れ合える機会です。


 1日先着10名までですので、ご希望の方はお早めに!

 

他にも、サンシャイン水族館オリジナル七福神スタンプラリー、お正月バージョンのアシカショー、コツメカワウソショーなども開かれます。

池袋サンシャイン水族館のちょっと変わったマスコットとは!?

それは、『チンアナゴ』&『ニシキアナゴ』という生き物。

ヘビ皮っぽいのが『チンアナゴ』サンゴ礁の砂底に生息していて、”ガーデンイール”とも呼ばれてます。

白色とオレンジのシマシマがトレードマークの『ニシキアナゴ』

 

館内で観ることができるのですが、砂の中に隠れんぼしたり出てきたり、ちょっとうねうねしててキモ可愛い生き物。

ずーと見ていて飽きないんですね

にょろにょろ隠れ人気者な『チンアナゴ』&『ニシキアナゴ』は、サンシャイン水族館のマスコットグッズにもなっていてみんに愛されている様子♥


こんなケーキになって登場!!

もちろんお菓子にも登場!


消しゴムにだってなれるもん♬

ちなみに私は、のデザインのキッチンタオルを購入してみました。

初めてサンシャイン水族館行った記念にお土産を買うなら、『チンアナゴ』&『ニシキアナゴ』グッズは見逃せませんね!!

初めてのサンシャイン水族館☆絶対に子供と観るべきスポットベスト3

①《屋外エリア》「空飛ぶペンギン」エサをめがけ猛烈スピードで泳ぐ”ダイビングタイム”に興奮!

上空を羽ばたくように泳ぐケープペンギンたちの生態をスタッフの方が解説してくれます。

水槽の真下から素早い動きでエサを捕えるペンギン本来の姿を見ることができます。もの凄いスピードのペンギンたちに驚きました!!

名称ペンギンダイビングタイム
開催期間

タイムスケジュール

一日二回
11:45~、15:45~

②期間限定!夕暮れ時の「トワイライトラグーン」人魚に扮したダイバー&お魚の水中パフォーマンス


トワイライトラグーンは、大きな一枚の足ヒレのフィンを使用し、人魚に見立てたダイバーと魚たちの動きのみでパフォーマンスを行うものです。

美しい照明を音楽に合わせ、人魚や魚の動きを美しく照らし出します。

名称トワイライトラグーン
開催期間

タイムスケジュール

9月14日(金)~24日(月・振休)

各日17:30~、18:30~

9月25日(火)~12月25日(火)

各日16:00~、17:30~

③《屋外エリア》アシカやモモイロペリカンを下から眺めと面白い!?「アクアリング」「天空パス」


先ほども述べました、『アクアリング』ではアシカを下から見ることができます。

また天空パスという透明な水槽では、『モモイロペリカン』が行ったり来たりしています。

青い空ときれいな薄い桃色がとてもきれいで、うっとりすることでしょう。

最後に

都心にある見どころ満載な『池袋サンシャイン水族館』は、1日いても飽きることはないでしょう。

特別展「化ケモノ展」や「ヘンな生き物展」など、期間限定の展示で珍しい深海生物などに出会えるかもしれません!

都会の“天空のオアシス” リニューアルしてますます進化した池袋サンシャイン水族館、東京に子連れ旅にもとってもオススメなスポットです。

 

 


スポンサーリンク



他にもこんな記事が読まれてます

子供とおでかけカテゴリの最新記事