萩を子連れで楽しむコツ★7つもある道の駅でご当地グルメを満喫♪

萩を子連れで楽しむコツ★7つもある道の駅でご当地グルメを満喫♪

山口県と聞いてパッと思い浮かぶのは、下関の”フグ”だったり、絶景の「角島大橋」だったりするかもしれません。

瀬戸内海や日本海に面しているので、お魚も美味しいイメージもありますよね?

 

そんな山口県の萩市に今回はスポットを当ててみたいと思います☆彡

萩市には世界遺産があったり、大河ドラマの舞台にもなった城下町があったり見どころが満載!!

しかもドライブの楽しみのひとつ「道の駅」の数が西日本では最多となっており、7つもあることをご存知でしょうか!?

今回は、山口県萩市の観光紹介と共に子供も遊べるスポットを詳しくご紹介したいと思います♪

山口県萩市へのアクセス

アクセス

公共機関を利用する場合

《山口宇部空港→電車→バス》
飛行機「山口宇部空港」からは、徒歩で「草江駅」へ
電車でJR宇部線の各停「草江駅」→「新山口駅」へ (約39分)
東萩駅行きのバスで「新山口駅」→「萩・明倫センター」へ (約70分)

《山口宇部空港→バス→バス》
新山口駅までバスで約35分、新山口駅からバスで約70分

《山口宇部空港→タクシー》
「山口宇部空港」→乗合タクシー(要予約)で約75分
萩近鉄タクシー㈱

《新幹線「新山口駅」⇒バス》

・値段は高くなるかもですが「山口宇部空港」から行く場合は、一番早いのは「乗合タクシー」ですね。新山口駅→萩市を結ぶ高速バス「スーパーはぎ号」を利用すれば約60分

・新幹線で「新山口駅」から行く場合も同じくバスとなります。「新山口」⇒「萩市」への電車はありません。

車で行く場合

「山陽自動車道」→「中国自動車道」美祢(みね)東JCT→「小郡萩道路(無料)」→「絵堂(えどう)IC」で降りて約20分
広島から約2時間30分
福岡から約2時間30分

「美祢東JCT」→萩市は、約40分ほどです。
この「小郡萩道路」が開通したことにより車で萩へ行くのもとても便利になりましたよね。しかも無料で通れるのも嬉しい♪

 

駐車場

萩の観光スポット周辺には沢山の駐車場が完備。しかも無料で停められるところも多いのが嬉しい!!

萩市内駐車場情報はコチラ


山口県萩市にある、西日本最多7つの『道の駅』をご紹介

山口県萩市のお楽しみスポット『道の駅』をご紹介!

最初にもご紹介したように、なんと萩市には道の駅が7つもあるんです!!

 

西日本では最多数を誇る萩の道の駅をすべてご紹介したいと思います。

まず、

7つの「道の駅」を1日で周れるのか検証!オススメな順番は?

7つの道の駅の位置関係は上の画像を参考に!

それぞれの道の駅の滞在時間を30分として1日で周れるか検証!!

10:00到着 ① 道の駅「萩しーまーと」

↓ 車で約18分  

10:48 到着 ② 道の駅「さんさん三見 (さんみ)」

 車で約10分

11:28 到着 ③ 道の駅「萩往還」

↓ 車で約20分

12:18 到着 ④ 道の駅「あさひ」

↓  車で約40分

13:28 到着 ⑤ 道の駅「ハピネスふくえ」

  車で約22分

14:20 到着 ⑥ 道の駅「うり坊の郷katamata」

↓ 車で約30分

15:20 到着 ⑦ 道の駅「ゆとりパークたまがわ」

↓ 車で約1時間

16:50 到着 萩駅

萩市内を朝の出発地点とすると、1日で周れないことはないでしょうね♪

各30分ごとの滞在時間で考えてみましたが、調整するともう少し早く周れると思います!!

しかし7つの「道の駅」全部を1日で周ると約3時間弱の距離を運転しなければいけません!!

旅行日程など調整できる場合は、何日かに分けて無理せずに予定を組んでみましょう♪

① 道の駅「萩しーまーと」


最初にご紹介するのは「萩しーまーと」です。萩駅からは日本海方面に向かって車で約15分ほどの場所にあります。

ここでの最大の魅力は「魚がうまい!」萩で一番人気のある道の駅!!

それもそのはず、萩漁港に隣接しているため新鮮な魚が毎日入荷されてくるのです。

また水槽に入っている漁港直送の魚介類は宅配も可能なので、自宅で新鮮な物が食べられるのは最高ですよね。

道の駅自体はそんなに大きくないのですが、品揃えは豊富で海鮮からスイーツまで食することができるみたいです。

「萩しーまーと」の中に「浜料理 がんがん」というレストランも入っていて、昼頃は混み合うみたいですが海鮮丼がイチオシ

お子様ランチ 700円・うどんメニューなどもあり、座敷のお席もありので子連れでも楽しめるお店です 
萩しーまーと『浜料理 がんがん』
電話番号:0838-25-3452
営業時間:11:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:無休
《メニュー》
海鮮丼  1,404円
漁師のまかない飯 1,080円
かまあげ丼 1,026円  など

※2019.1月時点の情報です。

 

 萩のご当地スイーツ『蒸気船饅頭』も食べれます!

蒸気船饅頭とは!?・・・日露戦争の頃に萩沖に出没したロシアの蒸気船を目撃した人々が「ロシア蒸気船なんて焼いて食べてしまえ! 」と言っていたエピソードを元に生み出されたとの説も。
今川焼のような生地で「あんこ」や「クリーム」などがあります。

萩しーまーと」の授乳室情報

授乳室はありません。トイレにおむつ替え台のみがあります。

名称道の駅「萩しーまーと」
住所山口県萩市椿東北前小畑4160-61
電話番号0838-24-4937
営業時間特産品販売 9:30~18:00(金・土・祝日 9:00~ )

レストラン 11:00 ~19:00●休業日 元旦

定休日元旦
駐車場 無料 普通車250台 大型車7台



② 道の駅「さんさん三見 (さんみ)


道の駅「さんさん三見」は萩・三隅間道路の明石パーキングエリア内にあるので、道の駅のようでサービスエリアのような印象かもしれません。萩駅からは車で約10分ほどの場所にあります。

比較的規模は小さいのですが、農産物・海産物の品揃えがとても豊富♪

 この道の駅のポイントは、『鯖島(さばしま)食堂』というレストランから日本海の絶景が望めます!!


またお料理も美味しく、素敵な景色を眺めながらお食事ができるのはとても良いですよね♪


上記で紹介した「萩しーまーと」でレストランが混んでいたら、こちらの「さんさん三見」の中にある『鯖島食堂』に流れ込んで来る人は多いようですね。2つの道の駅は車で約20分ほどで移動できます。

お魚・肉料理もあり、オススメメニューは 海定食 【魚は日替わり】1,000円
萩ブランド豚『むつみ豚』を使用 豚カツ定食 1,000円
萩ブランド魚の『瀬付きアジ』のフライ定食 800円   など
※定食にはご飯・味噌汁・小鉢付

カレーライス(サラダセット) 600円や肉うどん 400円などもあり、子上がりの席もあって子連れでも楽しめるお店です 
さんさん三見『鯖島食堂』
電話番号:0838-27-0041
営業時間:11:00-15:00
定休日:火曜日
※2019.1月時点の情報です。

 

 また6月から7月に出荷される「びわ」は、エコファーマーの認定を受けている農家の人達が生産しているので、新鮮でかつ安心して食べられます☆

エコファーマーとは?・・・平成11年7月に制定された「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律(持続農業法)」第4条に基づき、「持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画」を都道府県知事に提出して、当該導入計画が適当である旨の認定を受けた農業者の愛称名で、平成12年8月の「全国環境保全型農業推進会議(会長:熊沢喜久雄東京大学名誉教授)」に寄せられた応募の中から選ばれたもの」


びわ」のシーズンではないときは、「びわソフトクリーム」がオススメ!!びわのいい感じの色が食欲をそそります!

 

さんさん三見授乳室情報

授乳室はありません。トイレにおむつ替え台のみがあります。

名称道の駅「さんさん三見」
住所山口県萩市三見1028-2
電話番号0838-27-0041
営業時間レストラン:食事・喫茶 11:00~15:00

店舗、売店:9:00~17:00

休憩所:営業時間 9:00~17:00

定休日休業:年末年始

※レストランは毎週火曜日

駐車場大型6台 普通車34台(内身障者用2台)


③ 道の駅「萩往還」


道の駅「萩往還」は萩市街の玄関口にあり、建物自体も江戸時代を思い出させるような造りになっています。「萩駅」から車で約6分ほどの場所に位置します。

ここでは売られているものによって「物産館」「農産物直売所」と建物が分かれてます。

  「物産館」という建物では加工品のセレクトショップ

「萩往還オリジナルのポン酢ドレッシング」「萩椿ドレッシング」など萩のお土産にもなるような珍しい商品が沢山販売されてます。

 

  「農産物直売所」では季節によって出される地元野菜などが売り出されています。

萩市でトマト作り35年のベテラン平田さんが作る、行列のできる名物「平田さんのトマト」も大人気!

夏には、山口一のスイカの産地、萩沖約14km沖の日本海に浮かぶ相島(あいしま)で作られる「萩西瓜」も販売されてます。

 

  見蘭牛の極上ハンバーグ

ハンバーグ 極(幻の見島牛100%)・山口名物「瓦そば」が食べられるレストラン

道の駅「萩往還」には、2つのレストランがあります。

見島牛や見蘭牛を使ったお料理を出す「玄」というダイニングや「橙々亭」では瓦そばが人気のうどん店があります。

① 見蘭牛 ダイニング 玄 (げん)

メニューは、ハンバーグ押し!!

*ハンバーグ 至極の金(見蘭牛100%)1,250円
*ハンバーグ 究極の黒(見蘭牛/むつみ豚)1,050円
*ハンバーグ 至高の赤(むつみ豚100%)850円
*ハンバーグ 極(幻の見島牛100%)2,000円 ※限定品の為、入荷時のみ(土日のみ)

他には、見蘭牛のステーキ丼 1,980円・むつみ豚の豚丼 850円  など

お値段ははりますが、一度は「ハンバーグ 極」を食してみたいですよね♪

 

見島牛(みしまうし)とは?・・・山口県萩市の沖の北西約45kmの日本海上にある「見島」で飼育される日本古来の小型牛。見島が離島であったため外国種と交配することなく、純粋な非常に貴重な牛。国の天然記念物にも指定。咬めば噛むほどに肉のうま味が高まるほどの霜降り肉。ほとんど市場に出回らないため食すのは非常に困難。

見蘭牛とは?・・・「見島牛の雄」と「オランダ原産ホルスタイン」を交配させたもの。昭和54年に誕生した萩のブランド牛で、柔らかく香り高い、極上の品質を持ち合わせている。

とろける牛すじカレー 850円などもありお子様連れでも楽しめますね  席はテーブル席のみのようです。
見蘭牛 ダイニング 玄 (げん)
営業時間:月~金11:00~15:00
土日祝11:00~18:00
定休日:火曜日
電話番号:0838-25-1113
※2019.1月時点の情報です。

② うどん茶屋 橙々亭 


ここに来たらやっぱり山口県B級グルメ”瓦そば”

*瓦そば
あつあつの本格瓦の上にパリパリの茶そば・自家製の綿糸たまご・長萩和牛をのせて。
萩の甘辛い醤油を使用のそばつゆにつけて食します。やみつきになる味☆彡

*肉ごぼう天うどん 650円

他、長萩和牛肉うどん 780円などうどんメニューは15種類以上

お子様ランチ  680円などもあり子連れにも嬉しいですね テーブル席のみのようです。
うどん茶屋 橙々亭 
営業時間:11:00-17:00
定休日:なし
電話番号:0838-25-0543
※2019.1月時点の情報です。

 

買い物だけでなく、「松陰記念館」など当時の歴史にも触れることができる道の駅ってあんまりないですよね☆


「萩往還」のホームページを見てみると、オンラインショップもありました。

萩市まで行くのには遠いや買い忘れの際は、ネットでお買い物も便利かもしれませんね♪

 

「萩往還」授乳室情報

授乳室はありません。トイレにおむつ替え台のみがあります。

名称道の駅「萩往還」
住所山口県萩市大字椿字鹿背ヶ坂1258
電話番号0838-22-9889
営業時間9:00~18:00(冬期12月~2月 9:00~17:00)
定休日無休(ダイニングは火曜日)
駐車場大型7台 普通車57台(内身障者用2台)


④ 道の駅「あさひ」


道の駅「あさひ」は平成6年にオープンして22周年を迎えています。「萩駅」から車で約25分ほどの場所に位置します。

ここは山口県から萩市街の中間にあり、近くには「伝統的建造物群保存地区」に指定された街並みがあり、萩往還(江戸時代に整備された街道)の休憩場所にピッタリな立地♪

ここでは、「佐々並豆腐」や「しょうゆ」、「みそ」そして手作りのお弁当も販売されています。


お寿司やお餅は品質もいいのにお値段が安かったりするみたいで、地元の人のリピーターも多いようです。

 

  ふれあいレストランさざなみ

地元産の食材、豆腐・野菜・漬物・しょう油・こんにゃく・お米などをメインに作っています。


佐々並豆腐ステーキが美味しい!地産地消の「佐々並定食」 950円 (1日10食限定)

冬季限定「鍋焼きうどん」などうどんメニューも豊富。

うどんメニューなども豊富でミニうどん 400円・カレーライス 650円・おむすび1個120円などもあり、ベンチシート席もあるので子連れでも楽しめますね 
 ふれあいレストランさざなみ
営業時間:11:00~15:00 (L.O14:30)
定休日:月曜(祝日の場合は営業)・年末年始
電話番号:0838-56-0278
※2019.1月時点の情報です。

 

「あさひ」授乳室情報

授乳室はありません。トイレにおむつ替え台のみがあります。

名称道の駅「あさひ」
住所山口県萩市大字佐々並2476-1
電話番号0838-56-0278
営業時間9時~18時(月曜日9時~17時)

お食事処「たけや」は11時~18時

定休日年末年始

「たけや」のみ毎週月曜日

駐車場大型3台 普通車26台(内身障者用2台)


⑤ 道の駅「ハピネスふくえ」


道の駅「ハピネスふくえ」は、「萩駅」から車で約20分ほどのとこに位置し、江戸時代の製鉄所の跡「大板山たたら製鉄遺跡」にも13キロ(車で約30分)でいくことができ、自然豊かな環境で育った米や野菜畜産物などが豊富に販売されています。

巨大な鉄骨ガラス張りの屋根が特徴的で目を引く外観です。

ここの野菜はとても新鮮でなおかつ安い!!主婦には見逃せない道の駅ですね!!

 ここでは朝早くから120戸の農家から新鮮な旬の野菜が入り、またこれらの地元食材を使ってお食事処「ハピネスふくえ」では日替わり定食が出されます。地元で育てられた「むつみ豚」でつくられた『とんかつ定食』や『かつ丼』の地産地消メニューが大人気☆彡

ちゃんぽんやざるうどん 600円 などもありお子様連れでも楽しめるお店ですね 
お食事処 ハピネスふくえ
営業時間:10:30~15:00
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合、火曜日)
電話番号:0838-52-0356
《メニュー》むつみ豚のとんかつ定食 1,000円  など
※2019.1月時点の情報です。

新鮮な野菜を安く買いたい方も道の駅「ハピネスふくえ」は見逃せませんねん!

 

萩ではよく食べられているご当地お菓子『いももち』も人気!

「いももち」とは?・・・萩の離島「大島」で作られたサツマイモ・もち米が原料。
サツマイモを切って→干し→製粉。もち米と混ぜて練る→干す→薄く切り油で揚げる。
スナック感覚のパリッとした食感が特徴。


そんなに硬くなく噛むほどに芋の甘みともち米の香ばしさが口に広がります。癖になる味!

北海道にあるモチモチの「いももち」とはまったく別ものですね!

 

『蒸気船饅頭』の移動販売が来ていることも!?

運が良ければここでも『蒸気船饅頭』が購入できるかもしれません。

 

ハピネスふくえ授乳室情報

授乳室はありません。トイレにおむつ替え台のみがあります。

名称道の駅「ハピネスふくえ」
住所山口県萩市大字福井下4014-2
電話番号0838-52-0356
営業時間8:30~17:00
定休日毎週月曜日(月曜日が祝・祭日の場合は火曜日)
駐車場大型3台 普通車40台(内身障者予定用2台)

⑥ 道の駅「うり坊の郷katamata」


道の駅「うり坊の郷katamata」は、萩と津和野を結ぶ真ん中にあり、新鮮な野菜や山の産物を取り扱っています。「萩駅」から車で約40分ほどの場所に位置します。田んぼの真ん中にある自然豊かな道の駅です。

道の駅「うり坊」とは?・・・イノシシの子供の意味。本地区の特産品が猪肉であり命名。
「katamata」?・・・道の駅の周辺の地域名「片俣」からつけられたようです。

この地域では、道の駅「うり坊の郷katamata」は、地元で採れたトマトなど新鮮野菜などの販売もあり、地元の方々も利用するスーパーとしての役割も担っているようです。

 

「猪肉」&「むつみ豚肉」の販売

野菜なども販売してる直売所の物産館で、生の猪肉も販売されてます!

*パンで育てた甘い肉質の萩産豚肉『むつみ豚』300g 400円~700円

*地元名物『猪肉』イノシシ肉(400g)
ロース 2,000円・モモ 1,800円・バラ  1,600円 など

※価格は仕入れにより変動あり

 

「うり坊の郷」食堂の猪肉定食


右側にある食堂では、うどん、そばが中心ですが、猪肉を使った「うり坊名物猪肉定食」が美味しいと評判☆彡

(1日限定5食)1,100円 食べれたらラッキーなレアな定食です!!

 

ご当地フトクリーム

☆なんとその味は“トマト味”!!


桃太郎トマトを使用して作られてます。250円

普通のソフトクリームにトマトソースがかかっている感じでバニラ&トマトの酸味がやみつきなる味!

口コミでも「甘いものはあまり好きではないのですが、また食べたくなるさわやかさ!」など評判上々の様子。

さっぱりした味わいなので、甘いのが苦手な人でも美味しく頂けるかもしれませんね♪

 

「うり坊の郷katamata」授乳室情報

授乳室はありません。トイレにおむつ替え台のみがあります。

名称道の駅「うり坊の郷katamata」
住所山口県萩市大字片俣字円明1244-7
電話番号0838-88-0114
営業時間物販8:00~17:00 レストラン、飲食11:00~17:00
定休日年末年始(12/31~1/1,1/3)
駐車場大型2台 普通車27台(内身障者用4台)

⑦ 道の駅「ゆとりパークたまがわ」


道の駅「ゆとりパークたまがわ」は山口県と島根県の境目にあるので、島根県方面からのお客様も多いようです。「萩駅」から車で約1時間ほどの一番離れた場所に位置します。

山の物も海の物が豊富な地域ですが、フルーツ王国たまがわ!!でもあります。

桃・梨・ぶどうなど季節ごとに地元の豊富な果実が並び、

春には、『いよかん』『八朔』『甘夏』『デコポン』『せとみ』『なつみ』『はるか』『ぶんたん』『ポンカン』『夏みかん』など

夏~秋にかけて『小川桃』『小川梨』『小川りんご』『小川ぶどう』と次々と季節のフルーツが販売されてます!

果汁100%で作った「萩リンゴジュース」「ゆず吉ジュース」などが売られています。

 

「桃ソフトクリーム」「りんごソフトクリーム」も大人気!


「桃味」は最近新たに販売されたそうですよ!!

 

地元で採れた農産物をオリジナルで加工食品を販売
農産加工品・・・桃吉ジュース(150円)・100%手しぼりいよかんジュース(200円)・地元白大豆を100%使用した無調整豆乳(100円)日曜日のみ製造) など
水産加工品・・・日本海産の天然ひじき(350円)・天然かじめ(350円)・剣先いかみみ君(280円)・スルメいかあし君(390円)など

道の駅「ゆとりパークたまがわ」は、飲食店も超充実!!

特にオススメの2店舗をご紹介。

「うな道」6月~9月の期間限定営業


本場浜名湖産100%のうなぎ 昔ながら江戸前の手法で炭火で焼き上げるうなぎ専門店

6月~9月までの間のみ営業!

「うな道」がお休みの冬季は「ステーキハウス和牛屋」を営業されてます!

「長萩和牛のライトサーロインステーキ丼」「ステーキチャーハン」など美味しいと評判のお店。

お子様セット 800円・ハンバーガー・ポテトなどもあり、お座敷もあって子連れでも楽しめますね 
うな道
電話番号:08387-2-1320
営業時間:10:30~20:30(ラストオーダー)
店休日:木曜日
浜名湖産活鰻うな丼(並) 1,580円
浜名湖産活鰻うな丼(上)  2,380円
浜名湖産活鰻うな重(特上)3,280円  など

※2019.1月時点の情報です。

 

ダイニング松風 」
道の駅「ゆとりパークたまがわ」の店舗内に2018年1月にオープンした新しいレストラン

長州鶏・むつみ豚・見蘭牛・長萩和牛など、山口県のブランド肉や地元の食材を使った豊富なメニュー。

萩市内にある「創作フレンチ レストランまつおか」さんが経営されてるお店。

人気メニューは「海鮮丼」「地元萩の食材を使った定食」「松花堂弁当」など!

ミートソーススパゲティ・オムライス・カレーなどもあり子連れでも楽しめますね♪

ディッピンドッツの新感覚アイスもこのレストレランで楽しめます♪

ディッピンドッツとは?・・・つぶつぶ・さらさら・カラフルな見た目と食感が特徴のアメリカ生まれの新感覚アイス。
-196℃という超低温によって素材を瞬間的に冷凍する独自製法でこれまでのアイスとはまったく違うカタチと食感を生みだす!
おいしくて、安心・安全・・・
卵を使わないから、あと口サッパリ。
でも濃厚で本格的なお味♪-40℃の超低温システムだから、バクテリアなどの発生もありません。
お子様にも安心して食べていただけます。
ダイニング松風
営業時間:11:00~19:00 (L.O18:30)
定休日:月曜日
電話番号:08387-2-1180
※2019.1月時点の情報です。
他にも、
*「猪肉うどん」が看板メニューのうどん屋さん(ゆとりパークたまがわ新鮮館 店内)
*お好み焼き屋「あっちっち 」
*豚骨ラーメンが人気の定食屋「山ちゃん」(ゆとりパークたまがわから350mほどのすぐ近く)
などなど様々な飲食店が目白押し!ここに行くと食べるものには困らないと思います!

ゆとりパークたまがわ授乳室情報

授乳室はありません。トイレにおむつ替え台のみがあります。

 

 この道の駅のもうひとつの魅力は、徒歩10分(車で2分)の山口県最北端にある温泉「田万川温泉 憩いの湯」

ゆったりとした海辺の温泉です!露天風呂もあります。

田万川温泉 憩いの湯
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
営業時間:10:00~21:00まで(入浴最終受付20:30)
利用料金:大人(中学生以上)410円・小学生 200円・小学生未満 100円
設備:ベビーベッドあり

 

 また近くには「キャンプ場」もあります。

夏には、キャンプ場から徒歩5分に海水浴場(瀬越海岸)があります。トイレ、シャワーも完備されていて、ほぼプライベートビーチとして満喫できます♪

このキャンプ場の予約・受付などもゆとりパークたまがわ」でされてるようです。

旅の疲れを癒しに温泉へ、または、道の駅で買った食材で子供たちとキャンプに行ったりと遊び場満載!!道の駅「ゆとりパークたまがわ

名称道の駅「ゆとりパークたまがわ」
住所山口県萩市大字下田万2849-1
電話番号0838-72-1150
営業時間8:30~19:00
定休日毎月大3月曜日(7月9月は第2月曜日)
駐車場大型10台 普通車151台(内身障者用1台)



道の駅からも近く子供の遊び場☆彡長い滑り台・ターザンロープもある「萩ウェルネスパーク」

もし家族で萩市に遊びに来ていて、子供たちに「つまんな~い」と言われたときのために、遊び場も抑えておきたいですよね♪

萩市には上記で紹介したように、道の駅だけでも沢山見どころがあり確かに大人からしたらそれで十分かもしれません。

しかし、子ども達にも思いっきり楽しんでほしいですよね?

そこで萩市で子供たちが遊べるスポットをご紹介したいと思います!

山口県萩市に「萩ウェルネスパーク」という公園があります。


この「萩ウェルネスパーク」はとても遊具が充実していて、シニア向けの運動用に使用できる遊具から、子供用の遊具まであります。

真ん中に萩市の特産物をイメージした「夏みかん」から長い滑り台が出ていたり、ブランコや子供が大喜びしそうなターザンロープなどもあります。

また遊具の色が、赤・黃・青等とてもカラフルに作られていて、子どもたちには本当に楽しめる場所となっています。

アクセス

車で行く場合

道の駅「萩往還」から、車で約10分

道の駅「萩しーまーと」から、車で約15分

 

バスで行く場合

萩駅から「湯田温泉駅行」のバスに乗り「霧口」バス停で降りて徒歩で約10分 (800m)と

主要な場所からも比較的近い場所にあります。

駐車場

駐車場も無料で停めれます。

観光する前後に大人も子供と一緒に身体を動かし汗を流すのも良いかもしれませんね☆

名称萩ウェルネスパーク
住所山口県萩市椿大字73-7
電話番号0838-24-2411
駐車場無料

※問い合わせが必要です。

 

大河ドラマの舞台ともなった城下町 萩市の世界遺産5つのスポット

 

山口県萩市は、2015年大河ドラマ「花燃ゆ」井上真央主演の撮影の舞台にもなりました。

萩市には「萩城」があり、その前には城下町(堀内地区)が広がり、まるでタイムスリップしたかのように感じる場所です。

街並みの景観は、当時の面影を残している部分もあり、武家屋敷があったり日本伝統であるなまこ壁で建物が造られていたりします。

城下町を巡る際、車では入れない為自転車で巡ることができます!

1時間200円で自転車をレンタルできるのでお手頃で人気も高いそうです。

 

また萩市の魅力は城下町の風景だけではありません!!

2015年の7月に明治日本の産業革命遺産としてユネスコ世界遺産委員会で、世界遺産に登録されました。

山口県の世界遺産は5つもあります。

「萩城下町」「松下村塾」「大板山たたら製鉄遺跡」「恵比須ヶ鼻造船所跡」「萩反射炉」です。

 

「松下村塾」

吉田松陰が松陰の叔父(玉木文之進)が開いた塾です。その塾を叔父から受け継ぎ、元から重んじていた工学教育を教えて産業の近代化を実現しようとしました。

 

「大板山たたら製鉄遺跡」


たたら製鉄所があった場所になりますが、その周りには多くの炭の原料があったみたいです。
そこで恵比寿ヶ鼻造船所で造船した「丙辰丸」に使用する船釘の原料とした鉄を大板山たたら製鉄所で供給していたようです。

 

「恵比寿ヶ鼻造船所」

 


もともと江戸時代初期は軍艦を造船することを禁じられていたのですが、ペリーの来航依頼、禁止令を解禁し長州藩に軍艦の建造を命令したことから出来たみたいです。

 

「萩反射炉」

黒船が来航した時代長州藩は西洋式の鉄製大砲鋳造を試みます。

そのためには反射炉が必要になったため、佐賀藩でスケッチされた反射炉をこの萩に建てようとしましたが、経費や技術の面で断念されて、残った一部だそうです。

まさに藩士たちが産業化への一歩を踏み出そうとした象徴となっているのです。

昔の風情残るタイムスリップの旅をお楽しみください☆

まとめ

山口県萩市は、ご当地グルメやここでしか手に入らないお土産など魅力満載な西日本最多を誇る「7つの道の駅」「世界遺産巡り」「子供の遊び場」など子連れでの旅行にもピッタリなスポット♪

上の写真が萩市の城下町になりますが、なかなか当時の景観を崩さずきれいに残っているのはとても素敵な事ですよね♪

歴史好きの方や、大人カップルにとってはゆったりとした時間を過ごせるのではないでしょうか?

また7つ道の駅は、それぞれ異なった趣向でできていて、どの「道の駅」に行くか迷う程ですね。

子供が退屈せずに遊べる遊具のある公園は、パパママにとっても助かるのではないでしょうか?!

子供たちも公園でめいいっぱい遊んで、大人は萩の名産や日本海の食材も豊富に揃う道の駅巡り♪歴史ある街萩はいろいろな楽しみ方があるんですね!

是非一度、足を運んでみてはいかがでしょうか!


こちらの記事もオススメです


スポンサーリンク



他にもこんな記事が読まれてます

子供とおでかけカテゴリの最新記事