麻婆豆腐の素を使って劇的においしくなるコツ!産後ママも助かる技!

麻婆豆腐の素を使って劇的においしくなるコツ!産後ママも助かる技!

夕食のメニューにも、ときたま登場する中華の代表的メニュー『麻婆豆腐』

 

私はたまに麻婆豆腐が無性に食べたくなり夕食でも作ります。

最初から作ることはほとんどなく、子供も食べれる『甘口の麻婆豆腐の素』と豆腐を買ってきよく作っています。

 

材料も『豆腐』『ひき肉』だけ!

味付けは麻婆豆腐の素を使えばカンタン!

短時間でできるのに夕飯のおかずの1品になる!

という要素を兼ね備えているから、産後に大変な子育て中のママさんも利用している方も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんな『麻婆豆腐の素』でも劇的に美味しくなるコツをご紹介!

実は、『麻婆豆腐の素』は調理手順によって、劇的に美味しさが変わってくるんです。

麻婆豆腐を作る時、まず炒めるのは〇〇!

『麻婆豆腐の素』の裏面にもカンタンな作り方は記載してありますね。

 

『麻婆豆腐の素』で麻婆豆腐を作るときにも、材料を炒める手順がポイントになってきます!

 

まず最初に炒めるのは?

ひき肉

なんです。

つい「にんにく」「しょうが」を先に炒めてしまいがちですが、

香りの強い生姜やにんにくは、ひき肉よりも先に炒めるとせっかくの香りが飛んでしまいます!

 

そのため麻婆豆腐を作る際には、最初にひき肉を炒めてから、「にんにく」や「しょうが」を炒めてみましょう。

「にんにく」や「しょうが」を使うとより香り高い本格麻婆豆腐ができますよ!

 

ひき肉も、火が通りやすいから簡単に炒めてしまいがちですが、肉の粒がパラパラになるまでしっかりと炒めましょう。

しっかり炒めることで肉の水分が抜けて旨みが引き出されますよ。

隠し味に一つまみの砂糖を入れても、コクが出てさらにおいしくなります。

ミズキ
最近は、ひき肉入りの『麻婆豆腐の素』も多くなりましたね。その場合は、ひと手間「にんにく」「しょうが」だけでも最初に炒めるとより美味しくなりますよ!

麻婆豆腐の豆腐は「木綿」「絹」どっち?

麻婆豆腐のメインとなるお豆腐。

麻婆豆腐の豆腐って、『絹豆腐』『木綿豆腐』

どっちがいいのか迷うことありませんか?

 

 

ズバリ!

家庭で麻婆豆腐を作るときには、『木綿豆腐』がオススメ

その理由は、木綿豆腐には、中に空気の穴があって麻婆豆腐のうまみ味が染みこみやすいんですね。

食感もよく、作るときに崩れにくいのもポイント!

 

『絹豆腐』だと柔らかくて調理中に豆腐が崩れやすいので、木綿の方が失敗しにくいという理由もあります。

時間があるときには、豆腐を切ってからお湯でさっとボイルするのもオススメ

◆豆腐をボイルするほうがいい理由

冷蔵庫から出した豆腐は冷たいので、豆腐が温まるまで炒めるうちに麻婆豆腐の汁を蒸発させてしまいがち。
ボイルすることで豆腐の余分な水分も抜けて、麻婆豆腐が水っぽくなるのを防げます。

◆豆腐ボイルの方法

沸騰したお湯に塩を一つまみ入れ、さいの目に切った豆腐を入れる。

取り出すタイミングは、お湯に入れた後豆腐がグラグラ踊りだしたタイミング。

ザルで豆腐の水気を切ってからフライパンに入れましょう。

※フライパンに入れる直前にボイルする

※冷めると豆腐がくっついて形が崩れてしまいますので注意してくださいね。

ミズキ
ちなみに、中華料理屋さんの麻婆豆腐は、絹豆腐を使ってますね。プロは、火力も違い、手際も良く・豆腐の湯通しもしているので、絹豆腐でも美味しい麻婆豆腐ができるんですね!

麻婆豆腐は最後の〇〇で美味しさが変わる!?

麻婆豆腐は、調理工程の最後にも美味しく作るコツがあります。

 

それは、最後の仕上げの「炒め煮」

 

『麻婆豆腐の素』に付属の片栗粉でトロミをつけたのに、食べる時にはなんだか水っぽくなっていることってありませんか?

その理由は、片栗粉が水に戻り、豆腐からも水分が出てきてしまうからだったんです・・・。

 

最後にしっかり加熱して片栗粉を溶かし、うまみを凝縮することが大切なんです!

 

麻婆豆腐の最後のポイント

豆腐と『麻婆豆腐の素』を入れたのち、ダマにならないように火を消して水溶き片栗粉を入れ混ぜる。

再び点火して約5分グツグツと炒め煮しましょう。

本格的な中華のお店では、麻婆豆腐の仕上げの際に強火でしっかりグツグツと焼くんだそうです。

汁が透明でなくなり、トロミがしっかりついたら美味しくなったタイミングです!

『麻婆豆腐の素』の種類

麻婆豆腐を作る際に、重宝する『麻婆豆腐の素』

色んなメーカーさんから、レトルトになっている素や瓶に詰められている素、甘口から辛口、本格的なお店風の味から新登場の味まで等、様々な素が販売されています。

 

中華料理って味付けに沢山の種類の調味料が必要じゃないですか。だから自分で味付けしようと思ったら、まず調味料の用意が大変ですよね。

中華料理がよっぽど好きでない限り、中華を頻繁に作ることもないので、たまにしか使わない調味料を購入してスペースが取られるのも困りますよね。

だからこそ、子育てで忙しいママの手も煩わせない『麻婆豆腐の素』でより美味しくなるコツ是非実践してみてくださいね!

まとめ

麻婆豆腐を劇的に美味しく作るコツをご紹介していたら、また麻婆豆腐が食べたくなってきました (笑)

以前テレビで紹介されていた内容を参考に、私なりにポイントを追加して分かりやすくご紹介しました!

 

それでは今回の『麻婆豆腐の素』で劇的に美味しくなるポイントを振り返ってみましょう!

☆先にひき肉を炒めて水分を飛ばし、粒をパラパラにする

☆その後、生姜やにんにくを入れる(最初に入れると香りが飛ぶ)

☆豆腐は木綿豆腐がオススメ(フライパンに入れる前にボイルしておくとなお良い)

☆最後に片栗粉をしっかり溶かし、炒め煮でうまみを凝縮!

これらのポイントを押さえて、麻婆豆腐の素を使いカンタンに美味しく作ってみてくださいね。

忙しい子育てママを助けてくれる強い味方の便利な『麻婆豆腐の素』、ぜひ活用してみてくださいね。

 

※ご紹介している内容は記事公開時点での情報です。変更・更新されている場合もあります。


こちらの記事もオススメです


スポンサーリンク



他にもこんな記事が読まれてます